Advertisement 第115回日本精神神経学会学術総会

2019-11-27
カテゴリトップ>AVボード&テレビラック>ハイタイプテレビボード(薄型対応)
【ポイント10倍】
【開梱設置】 モリタインテリア テレビ台 TV台
ハイタイプ 2点セット テレビボード160cm幅+
キャビネット35cm幅 ブラック 国産 「LATO ラート」
◆◇◆開梱設置商品◆◇◆

■モリタインテリア・LATOラート
スリムタイプのキャビネット付きリビングボード2点セット!
モリタインテリア之商品はF☆☆☆☆(JIS・JAS規格)資材を採用し、「安全、安心、環境」に配慮した、100%日本国内で生産したものを提供しています。


■商品名:ラート・リビングボード2点セット

■内容・サイズ(cm)
・テレビボード160 / 160×50.7×175
・キャビネット35 / 35×50.9×175

■材質:
主材 / タモ突板

■塗装:
ウレタン塗装■カラー:
ブラック(BL)

■生産国
日本

■その他 /
※テレビ、その他AV機器を設置する際はメーカーHPを見る等、必ずサイズの確認を行ってください。
※木目や節の出方は一つ一つ異なり印象も異なります。
 そのため、画像と同じ板目のデザインでのお届けは出来かねますので予めご了承ください。
 一つ一つの個体差をお楽しみください。
※メーカー都合により予告なしに商品の仕様など変更される場合がございます。予めご了承ください。
※WEB上では、実際の商品と色・素材の見え方が多少異なる場合がございます。


■配送について
※こちらの商品は開梱設置です。
※北海道、沖縄、離島は別途送料が加算されます。お気軽にお問い合わせください。





■便利な開梱設置サービスとは?詳しくはコチラ■

■設置イメージです。










■商品名:ラート・リビングボード2点セット
内容
サイズ(cm)
・テレビボード160 / 160×50.7×175
・キャビネット35 / 35×50.9×175
材質・塗装主材 / タモ突板・ウレタン塗装
カラーブラック(BL)
特徴【テレビボード】
テレビボード左側はオープン棚付きで左右からの物の出し入れが可能。
上棚にはデッキやスピーカーのほか、CD・DVDなどが置けます。
※配線用のスリットがあるため配線が邪魔になりません。
扉は閉じたままリモコン操作可能。引出付きで便利な間仕切りもあります。

【キャビネット】
両サイドオープンにした新しいスタイルの収納キャビネットです。正面から見ると一枚の板のようなすっきりとした印象を与えます。左右がオープンになっているので物の出し入れが楽に行えます。

【その他】
家の巾木をかわすためのサクリ(溝)加工を施しています。サクリ寸法奥行14ミリ×高さ80ミリ。
生産国日本
モリタインテリアの商品は、「安全、安心、環境」に配慮し、100%日本国内で生産したものです。
F☆☆☆☆(JIS・JAS規格)資材を採用しています。
備考※パソコン、その他AV機器を設置する際はメーカーHPを見る等、必ずサイズの確認を行ってください。
※木目や節の出方は一つ一つ異なり印象も異なります。
そのため、画像と同じ板目のデザインでのお届けは出来かねますので予めご了承ください。一つ一つの個体差をお楽しみください。
※WEB上では、実際の商品と色・素材の見え方が多少異なる場合がございます。
※メーカー都合により予告なしに商品の仕様など変更される場合がございます。
オプションテレビを壁掛けできる取付金具を別売りでご購入いただけます。前後、上下、左右に可動します。※ご注文時にお知らせください。
・品名:ムービングアーム TK-7L
配送※こちらの商品は開梱設置です。
※北海道、沖縄、離島は別途送料が加算されます。お見積しますのでお気軽にお問い合わせください。
キャビネット付きハイタイプテレビボード!
メーカー希望小売価格 オープン価格
価格
193,600円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
壁掛け金具TK-7L  
15日間程度で発送予定(メーカー在庫有り時)
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

最新号

2018年10月
特集:『統合失調症の神経心理症候学』『公認心理師のカリキュラム等検討会報告とさまざまの領域における精神医学と心理学の協働』
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology